スタッフブログ

平屋で失敗しないための間取りとは?|福山の注文住宅ならFORT建築設計

平屋で失敗しないための間取りとは?|福山の注文住宅ならFORT建築設計

 

こんにちは。設計コーディネーターの佐藤です。

 

最近平屋が注目を集めています。

階段を上がる必要がないので移動がラク、老後が安心、などの理由から平屋を希望する方が増えています。

 

人気の平屋ですが、気をつけないと「意外と住みづらい」となってしまうケースも。

今回は平屋で失敗しがちな例と、その解決方法をご紹介します。

 

 

◆周囲に高いビルが建ったら室内が暗くなった!

 

平屋は2階部分がないために、高い位置に窓がつけづらく、少し高い建物が周囲に立つことで採光が悪くなってしまいます。

そこでお勧めなのが、屋根を片流れの大屋根にし、屋根の高い部分から伸びる壁にハイサイドライト(高窓)を設置する方法です。

これなら2階と同じぐらいの高さに窓がつくれるので、少し高い建物が立ってもあまり影響を受けずに光がたっぷり取り込めます。

 

 

◆プライバシーが保てない。

 

平屋では、すべての部屋がワンフロアに集結することになります。

寝室や子供部屋といったプライベートスペースにいても、リビングなどのパブリックスペースからの気配が感じられ、落ち着かないというケースも。

FORTで平屋をつくるときは、できるだけパブリックスペースとプライベートスペースの間に廊下を設けるなどし、空間を分けるようにしています。

廊下を一本隔てるだけで、物音やにおいなどの影響がずいぶん軽減されますよ。

 

◆風の通りが悪く空気が循環しにくい!

 

もし室内の風通しが悪く空気がこもってしまったら、それが湿気やカビ、ダニの原因になり、健康への悪影響も心配です。

2階建ての家では、空間の高さを利用して立体的な空気の流れをつくり風通しを良くすることができますが、平屋では意識して風の流れを作り出す必要があります。

例えば熱い空気を逃がす高窓を設置したり、冷たい空気を地窓から取り入れたり。

さらにFORTでは24時間換気システムを標準装備にしていますので、高窓や地窓による換気が出来なくても湿気がこもることはありません。

 

いかがでしたか?

せっかくの平屋を建てるなら、こうしたポイントをおさえて、ぜひ後悔のない家づくりをしてくださいね!

平屋についてもっとお知りになりたい方は、お気軽にご連絡ください。

FORTには営業がいませんので、無理な営業はしません。どうぞご安心を。

 

<FORT>

TEL:086-236-9600

営業時間:10:00~19:00 毎週水曜定休

お問い合わせフォーム:https://www.fort410.jp/contact/

<FORTの施工事例 平屋>

コの字で繋がる平屋の家 https://www.fort410.com/media/post-66/

スキップフロアがつらなる大空間の家 https://www.fort410.com/media/post-35/

神秘と同居するCOOLマニッシュ https://www.fort410.com/media/post-62/

戻る

Contact

「ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…」とお気軽にお電話ください!

福山スタジオ
TEL:084-982-7404
営業時間 10:00~19:00
毎週水曜定休

フォームでのご予約・お問い合わせ