資金計画に対する考え方

一生に一度の大きな買い物だからこそ慎重に

何千万円という出費が伴う家づくり。その資金をどう用意するか、また住宅ローンの返済をどのように進めていくかはその後の人生設計を左右する大きな問題です。
こちらでは、福山市で注文住宅を手がける「FORT(フォート)」が資金計画の基本についてご説明します。

将来まで見据えた周到な資金計画を

将来まで見据えた周到な資金計画を

住宅ローンの返済額が大きくなればなるほど、その後の人生設計に影響します。
一般に、「住居費」「教育費」「老後費」が人生の三大支出と呼ばれていますが、もし経済力に見合わない家を買ってしまうと住居費が突出してしまい、その分、教育費や老後の資金が目減りしてしまいます。

そうなるとご自身だけでなくご家族の将来にも不安要素が生じてしまいかねません。
だからこそ、住宅ローンの返済計画を立てる際は三大支出のバランスを崩さないようプランニングしましょう。
そのうえで、金利やローン商品を適切に選ぶのがベストです。FORT(フォート)なら施主様の身になって、真に役立つアドバイスをご提供できます。

住宅建設に伴う周辺コスト(維持費を含む)をすべて検討しましょう

マイホーム資金というと、土地の購入代金や建築費用ばかりに目が行ってしまいますが、じつはほかにもさまざまな周辺コストがかかります。
たとえば引っ越しのための経費もそのひとつ。新しい家具、家財を用意するためのお金もまた必要です。
それらに加え、住宅ローン金利やメンテナンス費用、電気代なども住宅コストの大きな部分です。電気代が5,000円変われば、35年間のローン期間だけで考えても210万円の差があります。

主な周辺コスト
  • 引っ越し費用
  • 家具・家財の購入資金
  • 住宅ローン金利
  • 不動産取得税・固定資産税など
  • その他

ご自身に合った住宅ローンを選びましょう

今やマイホーム購入に住宅ローンを利用するのは、なかば常識になっています。
ひとくちに住宅ローンといってもじつに4800種類もの商品があるため、これらのなかからご自身の状況や将来設計に合ったものをどう選ぶかが大切になってきます。とにかく返済できればいいからと、内容も見極めずに利用するのはやめましょう。
苦労して土地を安く手に入れたり、コストパフォーマンスに優れた家を建てたりしても、ローンの選び方次第ではその努力が無になりかねないからです。

ケースA

物件価格:3,000万円

総支払額:3,900万円

安く購入してもローン次第で総支払額が高くなることも
ケースB

物件価格:3,000万円

総支払額:3,600万円

高く購入してもローン次第で総支払額が安くなることも

賢い家づくりのための「勉強会」にご参加ください

賢い家づくりのための「勉強会」にご参加ください

前述のように住宅ローンの選択ひとつで返済総額が数百万も違ってきてしまうのが、家づくりの難しいところ。もちろん、購入費用を左右するのはローンばかりではありません。
いずれにしても、マイホームを建てるからには、正しい情報を入手したり、家づくりそのものに対する理解を深めたりすることが不可欠。
FORT(フォート)では、皆様に後悔のない家づくり、建てて良かったと実感していただける家づくりを経験していただくために「勉強会」を随時開催しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

Contact

「ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…」とお気軽にお電話ください!

福山スタジオ
TEL:084-982-7404
営業時間 10:00~19:00
毎週水曜定休

フォームでのご予約・お問い合わせ